インピーダンスとは?

最初に、インピーダンスは非常に迅速に技術的で複雑になるトピックです。 このため、この記事では、インピーダンスとは何か、高インピーダンスヘッドフォンと低インピーダンスヘッドフォンの違い、そしてヘッドフォンを覗いたときの意味についての基礎に焦点を当てます。

オックスフォード辞書の定義によれば

オックスフォードの定義では、「インピーダンスは、オーム抵抗とリアクタンスの複合効果から生じる、電気回路またはコンポーネントの交流電流に対する実効抵抗です。」アプリケーションによって簡素化するために、インピーダンス(実効抵抗)は両方の音源に存在します(多くの場合、 (出力インピーダンスと呼ばれます)およびあなたが聴いているスピーカー/ヘッドホン(しばしば入力インピーダンスと呼ばれます)。 インピーダンスはオーム単位で測定され、ヘッドホンの「抵抗」レベルに応じて、オーディオソースからより多くの電力を必要とする場合があります。 インピーダンスを検討する際に考えられる質問としては、「オーディオソースを補完するのに最適なヘッドホンの組み合わせは何か」です。


ここでは、ヘッドホンの入力インピーダンスに焦点を当てましょう。低インピーダンスのヘッドホンは、通常、高レベルのオーディオを生成するためにオーディオソースからの高出力を必要としません。 これは、電流がそれほど抵抗されていないためです。 ほとんどのスマートフォンが、低インピーダンスのヘッドホンにより適したソースの良い例と言えるでしょう。 また、低インピーダンスのヘッドホンを高電源またはアンプで過負荷にしてしまうと、スピーカーに影響を及ぼす可能性が高いことに注意しておくいことが重要です。 低インピーダンスのヘッドホンは、通常25Ω以下と推定されます。

新しいスタンダード

一方、高インピーダンスのヘッドホンには、より多くの電気抵抗があります。 これは、これらの高インピーダンスヘッドホンが最適なサウンドとボリュームを実現するために、オーディオソースからより多くの電力出力が自然に必要になることを意味します。 このパワーの向上により、通常、オーディオ周波数のより広い表現と、よりインパクトのあるダイナミックレンジが実現します。 電気出力が高いヘッドホンアンプやポータブルオーディオプレーヤーは多種多様ですが、前述のように、オーディオソースでもインピーダンスが発生します。 高インピーダンスのヘッドホンは通常25Ω以上と推定されます。ムーアの法則にならえば、テクノロジーはますます良くなっていくでしょう。 2019年において、入力インピーダンスが32Ωのヘッドホンは、高価なヘッドホンアンプを必要としない高音質の新しいオーディオ規格になりつつあります。 ほとんどのスマートフォンは、このようなヘッドホンに電力を供給するのに適しています。つまり、音質と音楽体験は時間の経過とともに向上します。 私達の新しい AU Stream ANC イヤホンはこの新しい32Ω規格に適合しており、標準的なスマートフォンで素晴らしいサウンドを実現します。低インピーダンス(<25Ω)とは見なされないため、必要であれば、これらにさらに電力を供給して、より豊かで大きな音を得ることができます。また、インピーダンス・マッチングとは、単にオーディオソースとヘッドホンのインピーダンスの数値を一致させることを意味しません。 最適な一致を見つけるには、アンプまたはオーディオソースのパワー、ヘッドホンの「入力インピーダンス」、「出力インピーダンス」、ヘッドホンの感度(まったく異なるが関連するトピック)など、より多くの要因に依存します。 インピーダンスに関してはさらに多くのことをカバーしているので、インピーダンス・マッチング、ヘッドホンの感度など、今後の最適なヘッドホン選びを可能にする多くのことをカバーする記事を準備していますので、お楽しみに。

知識の共有

Ausoundsは、私たちが設計できる最高のオーディオ製品に関することだけでなく、オーディオニュースや音楽クリエイターに関する最高の情報をお届けすることをお約束します。